コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

トミカ博 「40年の歴史」展示 大阪で開幕(毎日新聞)

 今年で発売40周年になるミニカー、トミカを大々的に展示する「トミカ博 in OSAKA」(毎日放送など主催、毎日新聞など後援、タカラトミー特別協力)が23日、大阪市住之江区南港北2のATCホールで始まった。来月5日まで(26~28日は休み)。

【写真特集】プラチナに漆塗り 限定トミカを写真で

 テーマは「40年分の歴史が、ぜ~んぶわかる!」。1970年製の初代トミカや、純プラチナを使って当時人気だった「日産フェアレディZ」を再現した210グラムもある「プラチナトミカ」(非売品、参考価格700万円)などを展示している。

 会場では、来場者の選んだパーツからミニカーが出来上がる「トミカ組立工場」や、魚釣りのようにミニカーをつり上げる「トミカつり」などのアトラクションが人気を集めていた。午前10時~午後4時半。中学生以上900円、小学生以下700円、2歳以下は無料。事務局(06・6325・5777)。【川畑展之】

【関連ニュース】
【写真特集】トヨタ2000GT:幻の名車、銀座を疾走 ミニカー発売会見
【写真特集】歴代フェアレディZを写真で見る
【写真特集】日産:フェアレディZロードスター
【写真特集】東京モーターショー:最高速325キロ! レクサス「LFA」世界初公開

巨大こいのぼりのトンネルにウキウキ 墨田区役所(産経新聞)
公務員2割削減を堅持 民主研究会「公務員庁」新設も浮上(産経新聞)
筑波大元教授の請求棄却=「論文データ改ざん」解雇訴訟-水戸地裁支部(時事通信)
【大人の社会見学】造幣局 ハイテク機械と秘蔵貨幣にため息(産経新聞)
薬害エイズ訴訟、和解勧告を製薬企業側が拒否 大阪地裁(産経新聞)
コンテントヘッダー

地下鉄30本運休、7人転倒・搬送…春の雪(読売新聞)

 関東地方を中心に、雪の影響で交通機関の乱れや、事故が相次いだ。

 都営地下鉄三田線では、東京都板橋区の志村車庫でポイントが凍結。同線は始発から運転を見合わせ、30本が運休、1万5000人に影響した。JR中央線では、17日午前6時55分頃、山梨県北杜市の穴山―日野春間で、倒木により上下線が甲府―小淵沢間で約3時間半にわたって運転を見合わせ、特急7本が運休した。JR東日本によると、倒木は降雪の影響とみられる。

 東京消防庁のまとめでは、都内では雪で足を滑らせ、骨を折るなどのけがで7人が救急車で搬送された。

 福島県西会津町の磐越道上り線では17日午前7時頃、乗用車とトラックが正面衝突し、乗用車に乗っていた50~80歳代の男性3人が重軽傷を負った。県警高速隊によると、当時、路面に雪が積もり、乗用車がスリップして反対車線にはみ出したとみられるという。

「平日デート」は難しい? =国会答弁「政」に改善要請-財務省(時事通信)
舛添・東国原氏が会談、政局対応も意見交換?(読売新聞)
<強盗殺人>78歳女性殺される 頭部などに切り傷…山口(毎日新聞)
奈良公園のシカ殺害、30代男きょうにも強制捜査(産経新聞)
リウマチ薬など7品目は除外=田辺三菱製薬の業務停止-厚労省(時事通信)
コンテントヘッダー

<雑記帳>「チーム青森」の近江谷選手が市営バスの車内放送(毎日新聞)

 バンクーバー冬季五輪で8位入賞した女子カーリング「チーム青森」の近江谷杏菜選手が、青森市営バスの車内放送に声で登場。今年12月の東北新幹線新青森駅開業に向け、バス利用客に「おもてなしの心」をもつよう呼び掛けている。

【これは分かりやすい】図説 なるほドリが聞く「ストーンを動かしたらどうなるの?」

 7カ所の停留所付近を通ると、近江谷選手が録音した「笑顔とおもてなしの心で(乗客を)お迎えしましょう。合言葉は『一路青森』」の声が流れる。

 知名度が高く市職員でもある近江谷選手に、青森市が白羽の矢を立てた。五輪時は日本中を熱狂させた「チーム青森」だけに、観光客の誘致も期待できそうだ。【山本佳孝】

【関連ニュース】
【これは分かりやすい】図説 ブラシでスイープする意味…ルール完全解説
【五輪写真特集】チーム青森、バンクーバーの熱い戦いを振り返る
【総力特集】バンクーバー五輪:チーム青森の顔写真入りプロフィルと成績表
【動画でみる】チーム青森メンバー一同がバンクーバーの戦いを終えて語る
【もうすぐ新幹線青森開業】これは格好いいロングノーズだ…最速E5系の内外装をいろいろな角度から

今朝は真冬並み…4月の気温乱高下(読売新聞)
「子ども女性安全対策係」初摘発は盗撮容疑男(読売新聞)
「米兵裁判権を放棄」日米の秘密合意明らかに(読売新聞)
<B型肝炎訴訟>原告団が和解勧告受け入れ確認
安藤前知事側が上告=宮崎談合・汚職事件(時事通信)
コンテントヘッダー

新党を「立ち枯れ?」 渡辺喜美氏がチクリ(産経新聞)

 みんなの党の渡辺喜美代表は7日の記者会見で、平沼赳夫元経済産業相らが結成する新党の党名「たちあがれ日本」を「立ち枯れ」と聞き間違えるように言い、会見場を爆笑させた。

 その上で、党名について「ちょっと長すぎるんじゃないか」「おっしゃる意味は何となくわかるが、『名は体を表す』で、立ち上がるためには、もうちょっと若々しいパワーがあったほうがいいのでは」とチクリ。

 新党との連携も、アジェンダ(政策課題)が違うのを理由に「ありません」と言明した。

【関連記事】
確かな理念欠けば新党も危うし 「ブーム」としての空しさ
慎太郎、小沢の影…与謝野&平沼新党の不可解、狙いは?
“与謝野新党”来週にも誕生 平沼氏ら合流へ
みんなの党、公認候補を30人に上方修正
飛び立てるか与謝野新党
「中国内陸部の資源事情とは…?」

菅原文太氏が河村市長を応援=市議会解散問題で-名古屋市(時事通信)
自転車事故「欠陥が原因」=四肢まひの男性が輸入元提訴-東京地裁(時事通信)
<公務員改革>新旧大臣が火花 衆院内閣委で審議入り(毎日新聞)
橋下知事が昨夏の各党マニフェスト採点を公表 民主党に「高くつけすぎた」(産経新聞)
スリ未遂容疑、気象庁係長逮捕「何回かやった」(読売新聞)
コンテントヘッダー

空を流れる黄河があった(産経新聞)

【ソロモンの頭巾】

 黄砂が気になる。昨年10月と12月には、秋の黄砂が観測された。11月に日本へ飛んでくることはあるのだが、10月と12月の黄砂は、それぞれ17年、16年ぶりのことである。黄砂の大型化の前触れだろうか。

 その予兆に違(たが)わず、今春の黄砂は大規模らしい。北京では「十年最強」、ソウルでは「史上最悪」と報じられている。

 春分の日の3月21日には、北海道から沖縄にまで飛来した。広がり方としては、この10年で最大の規模だ。春の甲子園も黄砂の入場行進となった。

 ソウル支局に尋ねると、発生時には市街の景色が暗くなることがあるという。マスクが欠かせず、政府は呼吸器系への健康被害の注意を呼び掛ける。

 北京の中国総局で黄砂を体験してきた記者の話ではもっとすごい。中国では黄砂を含んだ強風で鉄塔が倒壊することもあるし、家畜も倒れる。息ができなくて死んでしまうのだ。

 黄砂の故郷は、中国奥地のゴビ砂漠や黄土高原などだ。春の低気圧に巻き上げられた土砂が偏西風に乗って韓国、日本にやってくる。

 黄砂は昔からあった。「春(はる)霞(がすみ)」も黄砂だといわれる。嘉禄2年2月17日(1226年3月23日)の「吾妻鏡(あづまかがみ)」の記録は、規模が大きくなった珍しい例だ。「風少し吹く。四方暗くして霧霞のごとし。午刻(正午)より晩景に及ぶ」

 現代ではこの規模がまれでなくなった。2005年にソウルで開催された日中韓の環境相会合での共同声明には黄砂も加わった。2000年ごろから被害が目立ち始めたためである。

 過放牧や過耕作によって土地の荒廃が進んだことが原因とされている。一説にはカシミヤ用のヤギの放牧増加が引き金となったともいわれている。

 日本への飛来には年変動があるものの、全体の傾向として黄砂は増えている。

 過去40年間の年別黄砂観測日数の棒グラフを眺めると1980年代半ばから立ち上がり始める大きな山が見てとれる。2000年ごろはそのピークだ。

 その規模は、中国奥地の荒れ地を覆う草や雪の量に左右されるし、偏西風に乗った黄砂の本流のルートによっても変わる。

 砂漠化、乾燥化も黄砂の増大に関係する。あの黄河が干上がるほどの水量減少も起きている。黄河断流だ。近年の黄砂は黄河に代わって大気中を流れる「空の黄河」なのかもしれない。多い年だと1億トンもの土砂が空に舞い上がる。

 国連の気候変動政府間パネル(IPCC)も気候変動と黄砂の関係に注目し始めた。

 日本では呼吸器障害や花粉症への悪影響が心配されるようになっているのだが、黄砂にはプラスの面もあるという。

 北太平洋に落ちた黄砂のミネラル分は、植物プランクトンの養分になるし、日本列島では酸性雨の中和効果ももたらす。だが、それも程度問題だ。大規模黄砂では、有用面もかすむ。(長辻象平)

【関連記事】
「黄砂」増大可能性 ぜんそくや花粉症の悪化も 
黄砂で方位不明の船を救助 11管、沖縄本島沖で
北京で再び黄砂を観測
全国各地で黄砂観測 空の便に影響
中国北部で今年最大の黄砂
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

介護職員処遇改善交付金の実施要領を改正―厚労省(医療介護CBニュース)
子ども手当は「不要」=自民、民主政策を逆仕分け(時事通信)
遮断棒折れ東海道線に遅れ(産経新聞)
<わいせつ行為>男子バレー部監督が男子部員に 奈良県立高(毎日新聞)
海砂採取業者を告発=1億円余脱税容疑-福岡国税局(時事通信)
プロフィール

たざわひろみさん

Author:たざわひろみさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。